世界の医療事情~ニューデリー

都市情報

ニューデリー

医療事情

インドは南アジアにおいて、比較的医療水準の高い国のひとつであり、大学病院、国公立病院、私立の病院・診療所等各種の医療機関があります。
しかしながら、一般に国公立の病院は院内が極めて不衛生で、日本人の利用には適しません。私立の病院には清潔で設備の整ったものもありますが、医療費が高く、また医療先進国への緊急移送等が必要となる場合にも高額の費用がかかるので、日本出発前に十分な金額をカバーする海外旅行保険に加入されるよう強くお勧めします。
なお、救急医療体制が十分に整備されていないことにも留意が必要です。

衛生事情

インドは水事情が悪く、上水道は1日に数時間程度しか供給されません。そのため多くの家庭では地下にコンクリート製のタンクを設けて水をためています。水道水は水道管の破損のために汚染されていることが多く、地下タンクも汚染されやすいため蛇口から出る水をそのまま飲用に供することはできません。
ニューデリーやムンバイといった都市部では自動車などの排気ガスによる大気汚染が著しく、喘息などの呼吸器系疾患の誘因となっています。
レストランは不衛生なところが多いので、サラダなどの生ものは食中毒の危険性があります。フルーツジュースも同様です。また、水はボトルの水を注文するようにしてください。

かかりやすい病気

インドは感染症の宝庫で、様々な感染症があります。都市部でも例外ではありません。特に消化器感染症とデング熱などの蚊が媒介する感染症には要注意です。生水や生ものを摂取しなければ、A型肝炎、E型肝炎、腸チフス、アメーバ赤痢、ジアルジア、細菌性赤痢、コレラ、大腸菌性下痢症などの経口感染症の予防は可能です。

医療費等について

救急車 TEL:102(公立病院へ)
TEL:自分で直接私立病院へ電話をし、救急車を呼ぶ有料(公営・民営ともに)
TEL:1099(CATS:最寄りの救急病院から救急車を手配してくれる)
薬の入手方法 医師の処方箋が必要
外来初診料

胃腸炎の場合

公立病院 私立病院
無料 約2,300円
1日あたりの病院の
部屋代

薬代、X線代、検査費は含まれない

公立病院 私立病院
個室 利用不可 約17,200円
セミ個室 利用不可 約11,400円
一般病棟 無料 約8,600円(4ベッド)
I.C.U./C.C.U. 約5,700円 約114,400円
入院保証
公立病院 私立病院
不要(保険がある場合) 必要(約114,400円)
手術費

虫垂炎の場合

平均入院期間 :2日

公立病院 私立病院
無料 約228,900円

アキレス腱断裂の場合

平均入院期間 :7日

公立病院 私立病院
無料 約343,300円
当地から
日本への移送費
約1,831,100円

注1

ストレッチャー使用、コマーシャルフライト(定期便)で医師1名、看護師1名付き添いありの場合

備考

公立病院は外国人の利用に適さないといわれている。

私立病院では外国人旅行者が高額な請求がされる傾向があり、現地に連絡先のない患者の治療費は直接保険会社に請求したがる傾向にある。

ニューデリーの代表的な私立の総合病院

Apollo病院 :2692-5858
Aashlok病院 :2616-5901
Privatb病院 :95124-2352097

  • ※この情報は2018年1月1日時点のものであり、今後変更される可能性があります。
  • ※このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
  • ※ご不明な点等がある場合には、当社もしくは保険会社にお問い合わせください。
  • ※当社は保険会社との委託契約に基づいて、保険契約の締結・保険料の領収・保険料領収証の交付・契約の管理等の代理業務を行っています。従って、当社と締結して有効に成立した契約については、保険会社と直接契約されたものとなります。
  • ※当HPでは、インターネット上で契約手続が可能な取扱商品のうち、商品の取扱実績等を踏まえ、当社の経営方針により選定した商品をご案内しております。