事故と保険金の支払い例

※ AIU損害保険公式サイト『AIU海外旅行保険 事故例一覧』参照                                           

疾病治療費用

case1: 腹膜炎

腹膜炎

場所 年齢 性別 金額 状況

イタリア
28 治療費用
710,000
救援者費用1,800,000
腹痛と発熱の症状で受診したところ、腹膜炎と診断され即入院となる。手術が必要となり、2週間程入院後、一時帰国を決める。帰国後10日程の継続通院で完治し、再度現地イタリアへ戻った。
救援者費用として、飛行機代、現地交通費、ホテル代(2名分)がかかる。突然の航空券予約のため、正規料金で、また一般的な夏休みシーズンで、高額な座席しか残っておらず、飛行機代が高額になる。

case2: 脳梗塞

脳梗塞

場所 年齢 性別 金額 状況

スイス/
スペイン
44 治療費用
7,289,334
救援者費用1,729,828
ユングフラフへ向かう登山電車の中で、右半身が動かなくなり、近くのクリニックで応急治療後、ヘリコプターで総合病院へ搬送され、脳梗塞と診断される。3日間の入院後、退院。旅行行程に復帰し、スペインに行くも、再発し病院に入院。20日間の入院治療後、付添医師とともに帰国し、日本の病院に入院。

傷害治療費用

case1: 転倒し大腿骨骨折

転倒し大腿骨骨折

場所 年齢 性別 金額 状況

イタリア
73 傷害治療費用
3,500,000
移送費用3,500,000
後遺障害7,000,000
洗面所の床で転倒し大腿骨を骨折する。現地病院で入院、手術し、帰国後日本でも入院。

case2: 運転ミスにより対向車と衝突、同乗者死亡

運転ミスにより対向車と衝突、同乗者死亡

場所 年齢 性別 金額 状況

カナダ
27 傷害治療費用
7,800,000
救援者費用2,500,000
高速道路を運転中、運転操作を誤り対向車と衝突。大腿骨骨折、上腕骨骨折、鎖骨骨折など受傷しカナダで約3か月間入院の後帰国。
帰国後も継続治療行う。救援者2名(両親)が現地へ赴く。保険限度額を超えてしまい、全てはお支払いしきれなかった。超過額は現地の自動車保険から支払われる。

携行品

case2: スーツケース破損

スーツケース破損

場所 年齢 性別 金額 状況

イタリア
41 3,150 石畳の道でスーツケースを転がして移動していたところ、窪みにはまってキャスターの金具が壊れた。

旅行事故緊急費用航空機遅延

case1: 航空機欠航

航空機欠航

場所 年齢 性別 金額 状況

アメリカ
55 20,000 エンジントラブルのため、欠航。食事代・ホテル代・交通費・通信費を払った。

個人賠償責任

case1: 大学寮で水浸し

大学寮で水浸し

場所 年齢 性別 金額 状況

香港
20 800,000 部屋の中のスプリンクラーを壊し、部屋内・その他の部屋まで水浸しにさせる。

case2: 風呂の水漏れ

風呂の水漏れ

場所 年齢 性別 金額 状況

ドイツ
47 638,000 ホテルのバスタブにお湯が溜まるのを待っていたが、疲れて眠ってしまい、お湯を止め忘れた。バスルーム一帯を水浸しにしてしまう。

case3: 他人にケガをさせる

他人にケガをさせる

場所 年齢 性別 金額 状況

フランス
21 傷害治療費用
38,000
個人賠償責任12,000,000
スノーボードで滑走中、停止しているスキーインストラクターに突っ込み負傷させる。
被害者は右足と左鎖骨を骨折。治療費、慰謝料、後遺障害、休業損害などを請求される。

(AIU005-001)

  • ※この情報は2016年10月1日時点のものです。
  • ※このページは保険の概要をご説明したものです。詳細につきましてはパンフレットをご覧ください。
    またご契約に際しましては、事前に重要事項説明書等を必ずご覧ください。
  • ※ご不明な点等がある場合には、当社もしくは保険会社にお問い合わせください。
  • ※当社は保険会社との委託契約に基づいて、保険契約の締結・保険料の領収・保険料領収証の交付・契約の管理等の代理業務を行っています。従って、当社と締結して有効に成立した契約については、保険会社と直接契約されたものとなります。